即日キャッシング比較3つのルール

今日申し込んで明日お金を借りることができるキャッシングなんてあるんだろうか?

 

私も自分が実際に借りてみるまで信じられませんでしたが、本当にその日に申し込んでその日のうちにお金を借りることができました!
ただし、申込時間や持っている口座などキャッシングによって即日融資が可能になる条件は違います。
確実に即日融資でキャッシングするためには、複数のキャッシングを比較して自分の現在の条件に合ったキャッシングを選ぶことが大切です。
当サイトでは、急いでいる方のためにも少しでもスピーディに即日キャッシングを比較するための3つのルールをご紹介いたします。
一読してから申込をすると確実性がアップしますので、急いでいる方もぜひ一度目を通してみてください!

急ぎの方のために!私が即日融資できたキャッシングリスト

とにかく急いで即日融資したい!という方のために!
他のキャッシング2社で借金がある私でも即日融資が可能だったキャッシングのリストをご紹介いたします。

 

 

 

即日融資ができるキャッシングを比較して見つけ出せ!

キャッシングといえばどこでも即日融資が可能なわけではありません。
即日融資が得意なキャッシングもあれば、そうでないキャッシングもあります。
そこで、多くのキャッシングの中から即日融資が可能なところを比較して見つけ出す必要があります。
「即日融資」という文字があるからといって、どこでも100%即日融資ができるとは限らないので慎重に比較しましょう。

 

信販会社は即日融資に向いていない?

比較対象のキャッシングは、大きくわけて銀行・消費者金融・信販会社があります。
この中で即日融資が可能なのは銀行と消費者金融ですが、信販会社でも可能な場合もあります。
もし、今あなたがクレジットカードを持っていて、そのクレジットカードにキャッシング枠があれば、どこで契約するよりもクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるのが早いと思います。
しかし、クレジットカードにキャッシング枠が付いていない場合は、改めて申込みをする必要があるので時間がかかってしまいます。
信販会社は審査に1〜2週間かかりますので、基本的には即日融資には向いていないと言っていいでしょう。

 

銀行でも「即日融資」と書いてはいるが・・・

昔は銀行は信販会社同様に申込〜契約まで非常に時間がかかるものでした。
ところが最近は、大手銀行のカードローンやキャッシングで即日融資に対応しているものも増えてきています。
しかし、銀行の場合は即日融資ができる人はかなり限られていますので、申込をする前に条件を詳しく調べておく必要があります。
例としては・・・

  • キャッシング申込をしたい銀行の普通口座を持っている
  • 平日の午前中に申込に行くことができる
  • 地方銀行の場合、その地域に住んでいる、または勤務している

多くの方が銀行キャッシングで即日融資ができない理由はこの3つです。
特に1つ目の「銀行口座を持っていない」というのは、申し込みをした後「即日融資ができなかった!」と嘆く失敗ランキングNo.1です。
銀行キャシングを検討する場合は、

  • 自分が申込みたいキャッシングの銀行口座を持っているかどうか
  • 即日融資をしたい場合、口座が必要かどうか

この2つのポイントを確認しておくようにしましょう。
口座が必要ない即日融資の銀行もあります。その場合は、口座がなくても即日融資が可能なのかどうか、必ず確認しましょう。

 

このように、即日融資が本当に可能なキャッシングを見つけ出すには、申込みをしたいキャッシングが即日融資に対応しているかどうかを細部まで確認しておく必要があります。
「即日融資」という広告を出せば、急ぎの人が選びやすいのは最もです。
そのため、多くのキャッシングがこの文言で広告を打ち出しています。
キャッチコピーの裏に隠れている小さな注意書きまで細かく確認し、確実に即日融資が可能なキャッシングを見つけ出しましょう!

キャッシング比較3つのルールとは

即日融資が可能なキャッシングを複数社見つけ出すことができたら、次はそのキャッシング同士を比較し、より確実に即日融資ができるキャッシングを選びます。
比較する際に重要な3つのルールをご紹介いたします。

申込み可能時間で比較する

まず最初は、申し込みをする時に土日祝や夜間でも対応しているかどうかで比較します。
申し込みをしたい日の前後が平日であれば特に気にする必要はありませんが、申し込みをしたいと思っている日が平日じゃないからと諦めてしまっている人も多いと思います。
即日融資は、平日夜間21時頃まで土日祝も平日と同じ営業時間で申し込みができるところがほとんどなので、まずは申し込みしたい日にキャッシングが審査を行っているかどうかを確認しましょう。

金利で比較する

金利はキャッシングやカードローンでお金を借りる時には必ずチェックしておかなければならない項目です。
金利を比較する際は上限金利で比較します。
同じ条件同士のキャッシングであれば、上限金利で比較してより低い方を選択しましょう。

対応口座で比較する

口座が対応しているかどうかということは、実は非常に重要です。
消費者金融の場合は問題ありませんが、銀行キャッシングの場合は口座を持っていると何かとお得で便利です。
振込手数料や借入手数料、返済の引き落としなども自身の口座を持っていたほうが何かと便利です。
口座を持っているか持っていないかで比較するのも、返済を検討すると非常に重要なことです。

 

上限金利とは
金利は通常、○○%〜○○%という表記で記載されています。
この金利の幅は、借入金額によって変動します。
一般的に借入金額が高くなればなるほど低いl金利が設定され、借入金額が少なければ高い金利が設定されます。
金利を比較する際に「上限金利で比較せよ」と言われるのはこのような理由からです。
初回契約の場合は、ほとんどの場合最も高い金利が設定されるので、低い金利で比較してしまうと思わぬ落とし穴に引っかかる可能性があるからなんですね。

フリーターでも即日キャッシングは可能なのか?

「明日お金が必要なんだけど、フリーターでも即日融資は可能なのか?」

 

知恵袋にあった質問ですが、実は私も同じ内容を質問したことがあります。
その時の答えはYES。そして、実際借りることができた私の答えもYESです。

 

少額のキャッシングやカードローンの契約は、収入の金額や雇用形態は関係ない場合が多いです。
100万円を超えるような大きな金額の場合はまた別の話になりますが、10万円以下程度の金額であれば、ほとんどがアルバイトやパート、派遣社員などでも契約をすることが可能です。大切なのは、自身に安定した収入があること。収入さえあれば、キャッシングでお金を借りることは可能です。

 

しかし、フリーターといっても「今は無職です」という方は残念ながら借りることはできません。
また、アルバイトをはじめて1ヶ月、という方も確実に契約できるかどうか、というのは微妙です。
半年以上継続していれば、ほとんどのキャッシングで「安定した収入」と認めて貰えると思いますので、勤続年数が短い方はキャシングに予め相談してみてください。